HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
| main |
藤田登太郎 作品集 『桃山志野現代に焼く』

藤田登太郎 作品集『桃山志野現代に焼く』











(サイズ) 30cm×30cm

■ 志野茶碗 ( 藤田登太郎 撮影 ) が 90碗カラー掲載されております。
■ 各お茶碗に藤田登太郎オリジナルの和歌が詠まれております。
■ 2006年3月 出版
■ 革装丁〔 革カバー・箱入り 〕
■ 300部限定
■ 価格 : 80.000 円

お問合せ/お申込み



-----  革装丁で重厚感のある豪華な作品集ですね。ご出版にあたられてはご苦労を重ねられたとお聞きいたしましたが、一番ご苦労をなさったのはどういう点だったのでしょう。

藤田-  作品集を作るから・・・ 」そう言いはじめて、もう5年6年は経ちましたかね。何もかもが初めてのことだったので思ったより時間がかかってしまいました。結局、試行錯誤しながら見本となる一冊を作ってしまいました。なかでも自分で撮影した志野茶碗の写真にはずいぶん時間を費やしました。

-----  作品集に掲載されています志野茶碗の写真90点は、全部ご自分で撮影されたものなのですか?

藤田-  最初は、プロで活躍中の友人に撮影してもらうつもりだったのですが「登太郎さんの志野茶碗の写真は、ワンカット十万円でもイヤだ。」と断られてしまったのです。

-----  そのご友人は先生の拘りの深さをよくご存じで、そのお話を受けると大変なことになると思われたのでしょうね。でも藤田先生だって写真はプロで、ずいぶんご活躍なさっていらしたでしょう。
その拘りの詰まった作品集の一番の見どころはどういったところなのでしょう?

藤田-  茶碗のもつ雰囲気を一番大切に、そして自然な形で表現したかったので、それぞれのお茶碗を朝夕の自然光や様々な角度・パターンなどで何十枚も撮影しました。そしてその中から厳選したわけですが、写真用紙やプリンターによっても微妙に色が異なるので、何種類もの用紙を準備し、プリンターも何台も使いました。プリンターは使い過ぎて壊してしまったほどです。作業をすべて終了し印刷所へ送る準備を終えた後も、一晩寝ると気になる箇所が次々と出てきてしまって、また最初からやり直したという経緯もあります。印刷後の色や雰囲気も気になったので、愛媛県から中部地方の印刷所までわざわざ現物の志野茶碗を持って出掛けて行き質感を体感してもらったほどです。それに一生のうちに何冊も作れるものではないと思いペーパーの質や色、装丁、爪にまで拘りました。「桃山志野現代に焼く」の印字も24金を使用しているほどです。

-----  凄いですね、拘りが半端じゃないです。

藤田-  作品集というと自分の代表作品を掲載していると思いますが、私の作品集は末期癌で摘出手術の前夜に詠んだ辞世の句から始まっています。そのあと徳島から淡路を渡って愛媛へやって来たことなど自分の歩んできた道を辿っていますので、茶陶展でご覧いただくことのない志野茶碗も掲載しています。

-----  拘りだけでなく思い出がたくさん詰まった作品集だったのですね。拝見させていただきましたが実際のお茶碗を前にしているような興奮や感動があり、その存在感に圧倒されました。お茶碗はもちろんですが周りの空気感や影のひき方なども素敵ですね。心が癒されます。それぞれのお茶碗に詠んでいらっしゃる和歌の情景が目に浮かび、先生の心情も伝わってくるようでした。そして何よりお茶碗と和歌が一体化しているところが見逃せません。お茶碗についているそれぞれの銘にも「なるほど。」とうなずいてしまいました。

藤田-  そう言っていただけると苦労した甲斐がありました。ご覧くださった方は途中で疲れるらしいので休憩しながらご覧いただくことをお勧めします。

-----  ご忠告ありがとうございます。迫力の志野茶碗が九十碗も掲載されていて、その内容も濃いですから疲れるのも当然です。

この作品集『桃山志野現代に焼く』は、愛媛県の藤田先生の工房(与州窯工房)のほか、各地で開催中の茶陶展会場でもご覧いただけます。また国会図書館や愛媛県をはじめ、奈良県や山口県、徳島県などの図書館などでもご覧いただけますので機会がございましたら是非ご覧になってください。

| 14:09 |